青汁+コーヒー

美味しい青汁の飲み方♪アレンジ方法教えます!

青汁+コーヒー

青汁の苦味が苦手という方におすすめなのが、青汁とコーヒーを組み合わせる方法です。インスタントコーヒーを使えば苦味も調節しやすく、青汁とコーヒーを一緒に溶かしても溶け残りがありません。青汁の多くはお湯で溶かして飲めるものが多くなっているため、ホットで飲むのは問題ありません。

 

ドリップコーヒーの場合はカップ1杯分を淹れておきます。朝の1杯のコーヒーとして飲んだり、食後のコーヒーとしても利用することができます。コーヒーはコーヒーカップ200ml程度を用意し、それに通常通りのインスタントコーヒーを入れます。これに青汁は1袋〜2袋が目安となります。

 

熱湯を注いで混ぜ合わせるだけでできあがります。この飲み方だとコーヒーの香りが強くなるため、青汁のクサミなどは軽くなります。苦味もコーヒーの苦味が優先されるため、青汁の苦味は押さえることができます。

 

コーヒーの苦味が苦手な方は、砂糖を小さじ1杯と牛乳を100ml加えてカフェオレにしても良いです。牛乳の分量が多い場合は分離しやすいため、鍋に牛乳を温めてからインスタントコーヒーや青汁を溶かしたほうがダマになりません。

 

カロリーが気になる方は人口甘味料を使ったり、血糖値が上がりにくいハチミツを加えるのもおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ